燃料電池自動車(FCV)

FCVの紹介

FC車両の本格導入はFCVの一般発売から始まる

最近になって注目されているFCVですが、ドイツのDaimler-Benz(現Daimler)は、1994年に初めてFCV「NECAR1」を発表しており、日本では1996年にトヨタ自動車がEVを改良したFCEVを試作し、国際会議(第13回国際電気自動車シンポジウム)の機会に大阪御堂筋をパレード走行しています。このころのFCVは、メタノールを燃料とし、車上で水素を化学反応で生産していました。
しかし、本格的な普及までは時間がかかりました。その大きな理由はふたつあり、ひとつは車両や燃料電池スタックの製造コストが高く量産できなかったこと、そしてひとつはFCVに水素を供給する方法がなかなか決まらず、あわせて燃料供給インフラの整備に向けた方針や制度への合意に時間がかかったためです。
しかし、日本をはじめとする数多くの自動車メーカーの開発努力によりFCVの製造コストが大幅に下がり、またFCVの燃料には圧縮水素を用いることに自動車メーカーとエネルギー会社が合意、FCVに水素を供給する水素ステーションの整備を進めることで官民が努力してきました。そして、2014年の12月にはトヨタ自動車が世界初の量産型FCV・MIRAIを発売し、日本は初めて量産型FCVが街を走行する国となりました。2016年3月10日には本田技研工業も量産型FCV「CLARITY FUEL CELL」を発売しました。日産自動車も早ければ2017年に世界初の手ごろな価格の量産型FCEVを発売すると発表しています。FCV向けに水素の流通や供給設備が整うことで、FCVの他にFCバス、FCフォークリフト等のFC車両の普及が進むと予想されます。海外でもFCバスやFCフォークリフトの実証試験が行われており、様々な車両の開発が進んでいます。

FCVの紹介

トヨタ自動車「MIRAI」
© 1995-2015 TOYOTA MOTOR CORPORATION
2014年12月一般発売/4人乗り/650km(充填)
関連サイト
本田技研工業「CLARITY FUEL CELL」
© Honda Motor Co., Ltd.
2016年3月にリース販売開始/5人乗り/700km(充填)
関連サイト
日産自動車「TeRRA (テラ) 」
© Nissan Motor Company
コンセプトカーを発表
関連サイト
フォルクスワーゲン「Golf SportWagen HyMotion」
©© 2014 Volkswagen of America, Inc.
開発車両を発表/約499km以上(充填)
関連サイト
現代自動車「ix35 Fuel Cell」
© 2015 HYUNDAI MOTOR COMPANY
リース販売中/5人乗り/約596km以上(充填)
関連サイト
アウディ「A7 Sportback h-tron Quattro」
© 2015. AUDI AG. All rights reserved
デモカーにて公道テストを実施/500km(充填)
関連サイト
メルセデスベンツ「B-Class F-CELL」
© 2015 Daimler AG
2010年までに200台を販売
関連サイト
メルセデスベンツ「 F 015 Luxury in Motion research vehicle」
© NEXT MERCEDES-BENZ.COM
コンセプトカーを発表
関連サイト
ロータス「Fuel Cell Black Cab」
© 2013 HydrogenClub.co.uk
開発車両/5人乗り/257km以上(充填)
関連サイト

FCバスの紹介

トヨタ「FCバスとよたおいでんバス」
© 1995-2015 TOYOTA MOTOR CORPORATION.
営業運行中/77人乗り
関連サイト
現代自動車「2nd Generation Hydrogen Fuel Cell Electric Bus」
© 2015 HYUNDAI MOTOR COMPANY
開発車両を発表/26人乗り/360km(充填)
関連サイト
New Flyer「H40 LFR」
© 2005 - 2014 and various dates by New Flyer
営業運行を実施/450km以上(充填)
関連サイト
タタモーターズ「STARBUS」
© 2015 TATA MOTORS
コンセプト車両を発表/30人乗り
関連サイト
VANHOOL「A300 L fuel cell USA (hybrid fuel cell-electric)」
© Van Hool NV
33人乗り(運転席+補助席4席を含む)
関連サイト
VDL「Phileas」
2015 © VDL Bus & Coach bv
実証試験中
関連サイト

その他のFC車両の紹介

SUZUKI「Burgman Fuel Cell Scooter」
© SUZUKI MOTOR CORPORATION
開発車両発表/140km(充填)
関連サイト
豊田自動織機「燃料電池フォークリフト」
© 2015 TOYOTA INDUSTRIES CORPORATION.
実証試験を実施/3分間の充填で8時間稼働可能
関連サイト
Plug Power 「GenDrive」
© since 2002 Plug Power Inc.
8時間以上運転可能
関連サイト
STILL 「hydrogen forklifts」
© 2015 STILL GMBH
実証試験
関連サイト
MULAG「Comet 3 FC」
© 2015 MULAG Fahrzeugwerk
1シフト連続運転可能
関連サイト
▲ ページ上部へ